息づく古民家
b0237687_21464364.jpg

富田林市の寺内町(じないまち)には、江戸時代から昭和初期に建てられた181棟の伝統的建造物が存在する

この地域は重要伝統的建造物群保存地区に指定されている

その中には、重要文化財であったり、大阪府の有形文化財に指定されている商家も少なくはない

ただ、ほとんどの伝統的建造物としての商家や町家は今なお生活の場として活用されているので見学は出来ない

私の知る限りでは、181棟のうち2棟だけ一般公開されている


大阪・富田林 寺内町にて


[PR]
by kouga2100 | 2016-09-18 00:19 | 建造物
<< ぶりっ子 朽ちた煙突 >>