朽ちた煙突
b0237687_21032196.jpg

銅の精錬所跡

その当時の繁栄を誇るかの如く、レンガ造りの煙突がそびえ立つ

しかし、その精錬所は大正8年に創業を停止、それ以降一度も再開されることはなく今に至っている

その為、煙突の一部は崩れ落ち、いつ倒壊してもおかしくない状態である

この精錬所跡地に足を踏み入れることは可能であるが、見学ルートが設けてあり限られたところしか立ち入れない

以前訪れたときは、もう少しこの煙突に近づけたような・・・

その時、この煙突が倒壊したら自分が今いる場所はヤバイと思った記憶がある


岡山・瀬戸内 犬島にて


[PR]
by kouga2100 | 2016-09-17 00:20 | 建造物
<< 息づく古民家 着地その瞬間 >>