奈良・藤原京の蓮

b0237687_105229.jpg

藤原京は飛鳥時代の日本の首都ということになっている
一般に藤原京と呼んでいるが、「日本書紀」では藤原宮と呼ばれている
5.3km四方の規模であり、平城京や平安京よりも大きい

今も発掘は続けられているが、史跡公園という位置づけで、春・夏・秋と広大なゾーンで季節の花を楽しむことができる
春は菜の花と桜と桜のコラボ、夏はキバナコスモスと蓮、秋はコスモスが楽しめる
春は菜の花と桜のコラボを撮りに行った
この夏は蓮とキバナコスモスを撮りに行った
夏の蓮とキバナコスモスは同時期ではあるが、咲いているゾーンが異なるため同じフレーム内には収められない
秋のコスモスは、かなりの規模のようなのでぜひ訪れて見ようと思っている

奈良・橿原 藤原宮跡にて

[PR]
by kouga2100 | 2016-08-04 00:19 | 植物
←menuへ