半夏生(ハンゲショウ)
b0237687_7543275.jpg

暦には二十四節季や五節句以外のものもあり、雑節と呼ばれるものがある
例えば、彼岸や土用、節分、八十八夜等々と一緒に半夏生と呼ばれる歴日がある
夏至から数えて11日目、今年は7月1日が半夏生
その頃に咲く花ということで「半夏生(ハンゲショウ)」と呼ぶのだという説と
葉の一部を残して表面が白くなるということで「半化粧」と言う説もある

まぁ〜どっちの説でも構わないが、緑の葉っぱの一部だけが白くなるという面白さ
(葉の裏側は白くならない)
昔々この花を見たとき印象的だったので覚えていが
先日紫陽花を撮りに行った時に久しぶりにこの花に出会った

兵庫・川西 頼光寺にて

[PR]
by kouga2100 | 2016-07-01 00:23 | 植物
<< 昼間の祇園 二月堂その階段 >>