ケンコーミラーレンズ400mm(着陸)

b0237687_20303082.jpg

日本で飛んでいる飛行機を一番間近で見れる場所、滑走路の延長線上にある千里川の土手
着陸時にタイヤが接地する時の迫力ある瞬間を捉えようとしてもフィルム換算200mmの望遠ズームでは少々役不足
そこで持ちだしたのが、以前ダメ元で買ったケンコーミラーレンズ400mm(KF-M400FX)だ
このレンズ、通常のレンズとは異なり天体望遠鏡で言うなら反射望遠鏡と同じ仕組
倍率の高さの割には軽くて小さくて安価
フルム換算約600mmの超望遠レンズ
このぐらいの焦点距離で、ちょうど自分が思う着陸時の迫力ある画が手に入る
ただ難点も幾つかある
安いだけあって解像力が少々甘い、いい言い方をすれば柔らかな描写だ
そして、絞り値はミラーレンズとしては当たり前なんだがF8固定
AFに関しては、過去に製造された他社レンズの中にはAFもあったらしいが、ミラーレンズに関しては基本的にはMF
また当然の如く手ブレ補正はあり得ない
と、いうことでこのミラーレンズ少々持て余し気味

大阪・大阪国際空港 千里川にて

[PR]
by kouga2100 | 2016-06-24 00:20 | 乗り物
←menuへ