古民家

b0237687_2135689.jpg

富田林市寺内町(じないまち)
この町には江戸中期から昭和初期の町家が約40軒ほど当時のままで残されている
国の重要文化財に指定されており、市が管理している町家もあれば、今なお生活の場として利用されている町家も多い
この一角は、国の「重要伝統的建造物群保存地区」に選定されている
ここで生活している方々にとっては嬉しくもあり悲しくもありと云うところだろうか

嬉しいことは、当然誇りに思えること
悲しいことは、この状態をずっと保存し、維持し続けなければならないこと
そのためには大変な労力や、生活洋式の我慢や、保存維持のための金銭負担等々・・・
昔、この地域に住んでいる方に聞いたことがあるが、公的な金銭補助は微々たるものらしい
私だったら丁重にご辞退申し上げるところであるが、地域のこと、地域の中の自分の立場などを考えると簡単には割り切れないだろうなと

大阪・富田林 寺内町にて

[PR]
by kouga2100 | 2016-05-28 00:18 |
←menuへ