FUJIFILM X-Pro2(トトロ風)
b0237687_2042644.jpg

動物の写真っていろんな捉え方がある
貴重な野生動物はその姿を捉えるだけでも価値があるが
身近な動物、すなわちペットや動物園の動物はただ綺麗にあるいは可愛く撮るだけでは物足りない
一瞬見せる普段とは異なる目の表情や顔の表情、変わった仕草等など
ほんの一瞬の出来事を収めたい

神戸・ポートアイランド どうぶつ王国にて

X-Pro2
だいぶ使い込んできた
最初のうちは戸惑いもあったが
慣れてくるとデジタル一眼を使ってきた中で一番フィットしたカメラではないかと感じ始めている
あくまでも私の撮影スタイルに於いてであるが

まず、右手のホールド感
グリップ部の山が低いように感じ、ダメなら別売のグリップを付ければいいやと
実際X-E1やX-E2の時は別売のグリップをつけていた
でも使い込んでくると、最初は山が低いと感じていたが丁度良いぐらいの高さで違和感が全くなくなった

操作系は
ストレスが殆ど無い
例えば、ミラーレス一眼になってからよく使うようになったAEロックボタン
右手の親指を自然に伸ばしたところに丁度ある
ミラーレス一眼は、ファインダーを覗いて露出補正の効果が確認できるので
微妙な露出を設定したいときは露出補正ダイヤルを使わず
カメラを振って好みの露出の所でAEロックする方法を行っている
これだと露出補正の範囲が±2しか無くても気にする必要はない
ただし、このX-Pro2の露出補正は±5まで可能だ

[PR]
by kouga2100 | 2016-04-05 00:17 | 動物
<< 藤原宮跡の春の花 父ちゃんはどうした? >>