FUJIFILM X-Pro2(菜の花の咲く頃)

b0237687_21231215.jpg

単線で専用軌道であるけれど、線路内に入ろうと思えば自由に入れる
撮影時においてどの辺りまでが安全で、且つ運転に支障をきたさないか
これは撮影者の常識とモラルにかかっている
でも最近、この常識とモラルが薄れてきているのも事実

もうちょっと前に、もうちょっと前にと言う気持ちは分からんでもないが
自分の命をかけるのは勝手ではあるが、そのことでどれだけ多くの人たちに迷惑がかかっているかを考えて欲しい

兵庫・北条鉄道にて

b0237687_21234870.jpg

X-Pro1が出て4年ぶりにリニューアルされてX-Pro2が出てきた
画素数が1600万画素から一気に2400万画素に引き上げられた
個人的には1600万画素で十分と思っているが、時代の流れなのかFUJIFILMも高画素化を迫られのかも知れない

1600万画素でなぜ十分なのか
FUJIFILMのカメラは、画素の並べ方が工夫されておりローパスフィルターが不要だ
だから、画像そのものがべらぼうに解像度が高い
結果、センサーサイズがAPS-Cサイズで1600万画素でありながら、畳3畳ぐらいまで引き伸ばしても問題はない
そして今、APS-Cサイズで2400万画素
非公式ではあるが、畳6畳分ぐらいまで大丈夫であるらしい

こうなってくると、フルサイズ機の必要性は全く無いどころか中判機の必要性も危ぶまれてくる
それだけの解像度のセンサー、いいかげんなレンズではその性能を引き出せない
定評のあるFUHUFILM純正のFUJINONレンズのみが対応できる
レンズ専門メーカーがFUJIFILM対応のレンズを出してこないのは、いや出せないのは、実はこの辺りがその要因になっているように思えてならない

しかしただ一社、昔から性能で定評のある「Carl Zeiss」だけは何本かFUJIFILM対応ができている
ただねー、値段も見事だ

[PR]
by kouga2100 | 2016-03-31 00:22 | 乗り物
←menuへ