仏像
b0237687_13184881.jpg

私の気持ちとして仏像というものに二通りの思いがある
ひとつは美術品としての仏像
これは、撮影の許可がとれればどんどん撮りたい被写体
光の入り方、アングル、被写界深度によってその表情はどんどん変わる

もうひとつは信仰の対象としての仏像
お堂に安置されている仏像やご本尊
こちらは安易にカメラを向けるものではないと思っているが
外国人ならずとも日本人であるにも関わらず、ご本尊に向けてシャッターを押す
あらぬことかストロボまで発光させての撮影
これは如何なものかと・・・

神戸・北野 山手八番館にて

[PR]
by kouga2100 | 2016-01-27 00:17 | 屋内
<< 映り込んだポートタワー 花火のようで花火でない >>