渋柿?
b0237687_2184360.jpg

間違いなく渋柿!
そうでなきゃ、熟して落ちそうになるまで放置されているはずはない

子供の頃、母親が渋柿の皮を剥いて軒下の吊るし、しばらくしたら食べられるようになるからねと
出来上がりの干し柿を心待ちにしたものだ

今は、そんなことまでして干し柿を食べることなんぞ皆無
干し柿を食べたければ、スーパーで簡単に手に入る
ちょっとだけ手間暇をかければ「ただ」で食べれるものを、わざわざお金を使ってまで・・・
お金さえあれば、殆どの物が手に入る世の中
便利なようであるけれど、はたしてほんとうにそれで良いのだろうか

京都・山科 疎水端にて

[PR]
by kouga2100 | 2015-12-06 00:23 | 植物
<< 久安寺の紅葉 ポーズ三態 >>