蔦と四角と丸
b0237687_9124161.jpg

ここは何が楽しいかと云うと
立体的な、あるいは平面的な造形美
それと素晴らしい「色」の組み合わせを楽しめる
ただ漠然と見ていたら綺麗なーで終わってしまうが
切り取り方を工夫することでグラフィックアート的な楽しみ方ができる

初めてお連れした方は、えっ!どう撮ったらいいの?と戸惑いを隠せないが
しばらくすると形と色をどう切り取ろうかと、時間を忘れて夢中になってしまう方がほとんど

大阪・舞洲 ゴミ処理場にて

[PR]
by kouga2100 | 2015-11-14 00:21 | 建造物
<< 手水舎の水 十割蕎麦と鯖寿司と >>