緑のベール
b0237687_1649384.jpg

最近のデジタルカメラは、アートフィルター(メーカによって呼び方が異なる)を使い様々な表現が可能になってきた
POP調あり、モノクロ調、トイカメラ調、ファンタジック調、ジオラマ調等々
もちろんそのシーンや被写体に合った使い方をしなければならないことは言うまでもないが
所詮カメラのお仕着せのもの、なかなか思うように調整するのは困難だ
花撮影等においても、ファンタジックモードで撮影するときもあるが、なかなか思い通りの雰囲気に仕上げることは難しい
やはり、ソフトに仕上げるにせよ、ファンタジックに仕上げるにせよ、自分の思うように仕上げるには自分で工夫するしかないようだ

大阪・万博記念公園 日本庭園にて

[PR]
by kouga2100 | 2015-08-06 00:17 | 植物
<< 路傍の花 祇園祭・宵山の提灯 >>