真心込めて支度中
b0237687_1637076.jpg

「真心込めて支度中」
嘘つけ〜!ってつっ込みたくなる
支度も何も、店主も料理人も従業員も誰も来ていないではないかと
こういうのは見えないところに置いておき、仕込みに入ったところで入口に出してもらいたいものだ
と言うのはへ理屈で、ひと目でその状況は察しがつく

この「支度中」の札、店を開けたらこの札をひっくり返し、「営業中」になるのだろうが
この「営業中」の前に来る言葉が気にかかる
「真心込めて」支度中ならば、「一生懸命」営業中になるのかな

京都・先斗町にて

[PR]
by kouga2100 | 2015-07-29 00:18 |
<< 蓮の葉の上にて クラブ対抗デジフォト合戦 >>