窓に映りし府庁の桜
b0237687_20162072.jpg

京都府庁の旧本館、その中庭の桜が素晴らしい
特に祇園枝垂桜が見事であるが、見頃ピッタリに当たった例がない
例年、3月下旬から4月上旬まで「観桜祭」としてこの中庭と旧本館が一般公開される
毎年この期間に一度訪れるだけだから、そうピッタリとくるはずは無いのだが・・・

この旧本館、明治37年(1904年)の竣工ということで窓枠もずいぶん古めかしい
でも、ちゃんと開け閉めはできる
硝子板もその当時のものかは知らないが、今の硝子板に比べればずいぶん波打っている
その波打った様子がまたなんとも言えない味を醸し出している

京都・京都府庁旧本館にて

[PR]
by kouga2100 | 2015-04-07 00:15 | 建造物
<< FUJIFILM XF16-5... アメ村の女 >>