FUJIFILM X30(明と暗)

b0237687_20584858.jpg

b0237687_20591570.jpg

b0237687_20593030.jpg

奈良・なら町にて

b0237687_2101295.jpg

b0237687_2102528.jpg

b0237687_2104048.jpg

大阪・中崎町にて

b0237687_2172592.jpg


X30のセンサーサイズは2/3インチサイズ
一眼タイプの大方のセンサーサイズはAPS-Cサイズ
これではセンサーサイズの大きさ比較はチンプンカンプン
それぞれの縦・横の長さをミリで表すと
2/3インチサイズ8.8✕6.6㎜
APS-Cサイズ23.5✕15.6㎜
(メーカーによって若干の違いはあるがまぁこんなもの)

2/3インチサイズは圧倒的に小さい
この小さい長方形の中に1200万画素がぎっしりと詰まっている 
FUJIFILMのAPS-Cサイズでは1600万画素
如何に1画素あたりの大きさが小さくなるかがわかると思う
画素が小さくなればなるほど、明から暗への階調や色の濃淡の階調表現が難しくなる
要はなめらかな明暗や濃淡表現ができにくくなる

では、このX30ではどうかということで微妙な光と影の下で撮ってみた
上記2箇所で撮った3枚毎の画像を見てもらえば分かるように
これがコンパクトデジカメで撮ったものかと疑いたくなるような出来栄え
今までAPS-Cサイズの一眼レフや一眼ミラーレス撮ってきた大半は
このX30でカバー出来るのではないかと
重い、かさばる、目立つの三重苦から開放される日は近い

[PR]
by kouga2100 | 2014-10-05 00:23 |
←menuへ