場末のママは厚化粧
b0237687_14153818.jpg

花を撮るなら歳の頃なら十七・八を探せと
初々しくて傷が無く美しいものをと、よく云われたものだ
しかし、必ずしもそうでないと思う
盛りを過ぎた花、あるいは傷のある花にも味わい深いものがある
自分がそれをどのように感じ、どのように表現できるかによる

場末のママには人生の厚みや重みがある、情の深さもある
自分がどう接するかだ(笑)


京都・宇治 三室戸寺にて

[PR]
by kouga2100 | 2014-07-04 00:16 | 植物
<< 階段の光 電球の中の自分 >>