FUJIFILM X-T1(去年の楓)
b0237687_7565544.jpg

b0237687_7571967.jpg

これって楓の種?だと思うのだけど
何故未だに落下せずに残っているのだろう
細い細い小枝だけが風に揺れているよりもずっとずっと風情があるのだが
やはり心配になってしまう

大阪・万博記念公園 日本庭園にて

X-T1
X-T1に関する望ましくない情報を受け取った
X-T1は稀に光漏れが発生する個体があるという?
ドイツのユーザーがドイツの富士フィルムに持ち込んだ話らしいが
よ~く調べてみると、光漏れというよりは、ボディ本体に光が侵入するらしい
ボディー左側の端子カバーが開いている状態で長時間露光したときにのみ発生すると云う
気になったので自分のX-T1を使って調べてみた
端子カバーを開け、背面モニターを使って視覚確認したがそのような状況は確認できなかったが
もう少し突っ込んでみてみようと思い
薄暗いところで、カバーを開けた端子に懐中電灯をかざしてみた結果
何と、センサーにその光が届いたらしく、モニターにその光を確認した
では、どの辺りから光が侵入しているのかを詳細に調べてみると
カバーの中には異なった形の端子が三つ並んでいて、上からマイク/リモートレリーズ端子、HDMIミニ端子、マイクロUSB端子
どうも、マイク/リモートレリーズ端子の穴から光が内部に侵入しているようだ
このリーモートレリース端子穴を使って撮影する場合は問題は無いが、他の端子を使っての撮影には支障を来しそうだ
このような状況下での撮影は極めて稀とは思うが、早急に対処願いたいものだ
因に、X-E2はどうかと同じように調べてみたが、こちらは全く問題なしであった

X-T1の写真は旧西宮ヨットハーバーにて

[PR]
by kouga2100 | 2014-03-11 00:07 | 植物
<< 室津漁港 歳のころなら十七八 >>