FUJIFILM X-M1(nostalgia)
b0237687_1738487.jpg

b0237687_17381758.jpg

b0237687_17383292.jpg

X-M1の撮影モードの一つにアドバンストモードという機能がある
撮影後にトイカメラ、ポップカラー、ソフトフォーカス等々風に、カメラ内で加工・味付けしてくれるフィルター機能だ
以前、このブログでそのフィルター機能の一つ、「ダイナミックトーン」を紹介したことがあるが
今回は「ソフトフォーカス」だ
他のいくつかある機能は、個人的にはお遊び機能、撮影に疲れたときのちょっとした箸休め的なものと勝手に思い込んでいるのだが
この「ソフトフォーカス」機能は結構使える
古くは、フィルム時代にソフトフォーカスレンズ」なるものが存在した
いくつかのメーカーが販売していたが、今はどのメーカーも販売はしていない
当時はペンタックスのソフトフォーカスレンズが抜群の美しさを誇ったと記憶している
このX-M1のソフトフォーカス機能はそれに遠く及ばないが
そのソフトフォーカスレンズではなく、レンズの前面に装着するソフトフィルターは現在も販売されている
それと比べるとどうか
ほぼ同じようなものと思う
このブログで10/5にアップした「ローズヒップ」
これはX-E1に18-55mmを付け、そのソフトフォーカスフィルターを装着して撮ったものである
比べるとほとんど差がないことがわかる

神戸・北野異人館 萌黄の館にて

[PR]
by kouga2100 | 2013-10-07 06:29 | 屋内
<< 秋桜 路地の飯屋 >>