FUJIFILM X-M1(赤いパラソル)

b0237687_20141630.jpg

b0237687_20143223.jpg

b0237687_20144566.jpg

8月1日に発注した時、約3週間の納期だと言われていたが、盆明けの16日に用意できたと連絡が入った
その日のうちに引き取りに行ったのは言うまでもないが、忙しかったのと暑さのせいで、なかなか写欲が湧かず
19日になって、ようやく手元に届いた自分のX-M1そのものの写真をほんの短時間、近所で撮影した
そして、21日に新たにスケールアップしてオープンした三井アウトレットパーク滋賀竜王に連れて行って数枚
X-M1にXF27mmの単焦点という組み合わせはコンパクトで、普段使いのバッグに滑り込ませてもなんの違和感もない

2枚目はアウトレット内を無造作に撮った一コマ
午前中といえども晴天時の真夏の日差しは強い
こういう直射日光を浴びた赤いパラソルは反射して白飛びするか、赤く潰れてしまいがちだがよく持ちこたえてくれている

違和感で一つ思い出したが、FUJIFILMのXシリーズで今までのPro1やE1の絞りはレンズの根本にある絞りリングを操作することになっているが
このM1と同時発売されたXC16-55mmとXF27mmのレンズには絞りリングが付いていない
絞りはボディー側のサブコマンドダイヤルを操作するお約束
ただ、従来の絞りリングが付いているレンズを装着するとレンズ側の絞りリングで操作しなければならないだけではなく
サブコマンドダイヤルでは操作できないようになっている
これがちょっと厄介

お昼、滋賀は近江牛の産地、せっかくここまで来たのだから近江牛のカツレツを食べた
さすが近江牛!美味いと言いたいところだが、普通のカツレツだった
もっとも、ランチで食べるぐらいの値段だと差がでないわな(笑)

滋賀・竜王 三井アウトレットパーク滋賀竜王にて

[PR]
by kouga2100 | 2013-08-22 06:13 |
←menuへ