FUJIFILM X-E1(英国館)
b0237687_1942078.jpg

b0237687_1943829.jpg

b0237687_195185.jpg

神戸・北野には一般公開されている異人館が私の知る限りでは18軒ある
その中でも風見鶏の館や萌黄の館、そしてラインの館はしょっちゅう出入りしている
今年は、その3件以外の異人館を巡ってみるつもりだ
もちろん、既に訪れている館も数軒あるが
まずは英国館から

1枚目は多重露出(2回)で撮影
FUJIUFILM X-E1の多重露出機能の素晴らしい点をほんのすこし
従来の銀塩一眼レフやデジタル一眼レフは各ショットごとの被写体の配置を
頭のなかで記憶して、2回以降のショットでの被写体の位置を決めなければならなかったが
ミラーレスになってからは、ファインダーやモニターで
先に撮影した被写体の位置や重なり具合が確認できるようになり、構図や位置決めが楽になった
それだけではどのメーカー、どの機種でも同じだと思うが
FUJIFILMのミラーレスは、多重露出の設定をしたままで、一枚目であろうと2枚目であろうと
撮り直しができる
これは、各ショットで確認をしながら多重露出を進められるので完成度合いが高くなる

神戸・北野異人館 英国館にて

[PR]
by kouga2100 | 2013-02-04 06:20 | 屋内
<< 新たな世界 もてなしの心 >>