FUJIFILM X-E1(水盆の椿)
b0237687_1512114.jpg

久しぶりのFUJIFILM X-E1の話
X-E1,今までズームレンズ(18mm-55mm f2.8-4)1本で撮ってきた
当初、操作上の問題点が幾つかあったが、それは操作上の慣れで解決
今は、まったく問題なしである

改めてレンズを買い足していこうと、60mmマクロf2.4を購入した
ズームレンズをつけている限り、動いているものを撮るとき以外
AFの遅さはまったく気にならなかったが
この60mmマクロ、AFの速度は生半可ではない
めちゃくちゃ遅い!
ミラーレスのAFのコントラスト検知方式は、一眼レフの位相差検知方式に比べて精度は高い
そして、AFエリア(ターゲット)が中央だけではなく、どの位置にあっても
その精度は中央と同じというのが一般認識

だったら、マクロ撮影時にMFに切り替えて行わずとも
AFエリアをピントを合わせたい場所に動かして、AFで撮れば良いと・・・
オリンパスのOM-Dはそれができて、MF時よりもピントの合焦精度は格段にに良かった
でも、この60mmマクロはAF速度が遅すぎてまったく使いものにならない
手持だと、シャッター半押しから合焦までの間に体が動いてしまう
昔の撮影方法、MFで体を前後してピント合わせをするしか無い
他の単焦点レンズのAF速度はどうなのか、大いに気になってきた

ただ、画像そのものは極めて素晴らしい事を、最後に付け加えておく

神戸・花鳥園にて

[PR]
by kouga2100 | 2013-01-21 06:15 | 植物
<< FUJIFILM X-E1(可... 近未来空間 >>