歴史
b0237687_177427.jpg

現在のコロニアル様式の建物になったのは1899とか・・・
通りから入口に向かうと、腹の出た恰幅のあるインド人?のドアマンが迎えてくれる
宿泊客でなくとも丁重なお出迎え
歴史の重みと格調の高さを否が応でも感じさせられる
一度は泊まってみたいホテルである

シンガポール ラッフルズ・ホテルにて

[PR]
by kouga2100 | 2012-01-30 12:00 | 建造物
<< 都会のオアシス Room 211 >>