夏の風物詩
b0237687_16294046.jpg

縁側の鴨居に吊るされた和風モビール

吊るし雛のようでもある

金魚、西瓜、かき氷、その向こうには風鈴と

まさに真夏の縁側

昔はそんな縁側でおやつ代わりに井戸でよ~く冷やしたトマトを食べた

今、スーパーで買うトマトにはその味がしない


奈良・橿原 おふさ観音にて


[PR]
# by kouga2100 | 2017-08-16 00:20 | 雑貨・小物
祭りの日
b0237687_12084586.jpg

祇園祭は先月終わった

祇園祭というのは山鉾巡行と、その3日前からの宵山だけが祭りではない

7月1日から31日まで1ヶ月に及び、その間にいろいろな行事が催行される


しかし、部外者の我々にとってはやはり山鉾巡行と宵山がメイン

その山鉾が組み立てられ、町々の通りに飾られている姿は巡行とはまた異なった風情があり

それを目当てに観光客や見物客で賑わう

その観光客や見物客を目当てに露店が出現する

小物類や古着類、そしてこのような端切れの店も

このような露店を見て歩くのも楽しいかもしれないが

なにしろ、京都盆地の真夏の炎天下

生半可な気持ちでの露店巡りは熱中症が待ち構えている


京都・中京にて


[PR]
# by kouga2100 | 2017-08-15 00:19 | イベント
浮図田の桔梗
b0237687_20481871.jpg

浮図田とは先日も説明したが、石塔や石仏を寄せ集めたところと私は解釈している

この元興寺のウリは、この浮図田に咲く夏の桔梗と初秋の彼岸花

ここの浮図田は隣接して二つに分けられており、大まかに片方が桔梗、もう片方が彼岸花と区別して咲かせている

そして、それぞれの咲き具合が近年芳しくない

先日訪れたときに、たまたま庭師の方がこの浮図田の手入れをされていたので、立ち話で聞いてみた

ここ数年、桔梗や彼岸花の咲きが芳しくないように思えるのですが、何故なんでしょうねーと

庭師の方曰く、同じ場所に同じ花ばかりを長年咲かせているので土壌が弱って来ているのです

今、その土壌の改良をしているのでもうしばらくお待ち下さいと

このもうしばらくと言うのは数日ではなく、多分数年


奈良・なら町 元興寺にて


[PR]
# by kouga2100 | 2017-08-14 00:18 | 植物
抹茶プリン
b0237687_17344947.jpg

ある食事処でランチをいただいた

ランチそのものは満足で、また食べたいと思った

そのランチにデザートが付いており

黒ゴマプリン、きな粉プリン、そして抹茶プリンから選ぶことができた

黒ゴマも、きな粉もそれなりに個性があってプリンの味を損ねるのではないかと、私は抹茶プリンを選択した

他の同行者は黒ごまを選ぶもの、きな粉を選ぶもの、種々様々

さてお味は?

きな粉も黒ごまもそれなりの香りが程よく美味しかったと・・・

それに引き換え抹茶は?

抹茶の香りはしなかった、プリンの味もしなかった

目を瞑って食べたら安物の豆腐を食っているようなもの

完全なる選択ミスー


奈良・橿原にて


[PR]
# by kouga2100 | 2017-08-13 00:22 | 飲食物
お堂の向こう側
b0237687_08044987.jpg

お堂の中からではない

向こうに見える出入り口に対して、手前にもお堂の出入り口がある

手前の出入り口から向こうの出入り口を通して浮図田を

基本的には堂内は撮影禁止

この撮影方法は堂内の一部が写ってしまうのでお寺側の了解を得ている

浮図田とは、石塔や石仏が集められたエリアと私は解釈しているが、詳細は別として大まかには間違ってはいないと思う


奈良・なら町 元興寺にて


[PR]
# by kouga2100 | 2017-08-12 00:20 | 寺社仏閣